愛和工芸について

Established in  1975

事業内容:   観光土産品の企画・製造・卸業

取扱商品:   和紙人形、さるぼぼ、タオル各種、和柄ポーチ類

        玩具、その他民芸品全般

営業地域:  高山市 下呂市 奥飛騨温泉郷 白川郷 ひるがの高原

       美濃加茂 その他飛騨地域全域

商号:        有限会社 愛和工芸  Aiwa Industry Co.,Ltd

設立:    1987年12月25日

代表取締役:森林 三樹夫

資本金:  1000万円

従業員数: 10名(パート3名)

取引金融機関:高山信用金庫 桐生支店

       飛騨信用組合 本店

       十六銀行 本店

       JAひだ 丹生川支店 白川支店

 

会社紹介

当社の始まりは手作り和紙人形の企画・製造・卸を手掛けていました。

昭和50年4月に飛騨の土産品を販売する『手作りの店 愛和堂』をオープン。

その後、”飛騨らしいかわいい商品作り”をモットーに、

昭和54年7月に2店舗目『里乃屋』をオープンしました。

当時、半纏(はんてん)を着た「さるぼぼ」は珍しく、

少しずつ「さるぼぼ」の人気がでてきました。

また、当時はキーホルダーサイズの小さな「さるぼぼ」ばかりで、

店舗のディスプレイ用に制作した

「ジャンボさるぼぼ」は目を見張りました。(下部画像)

一方その頃から飛騨のキャラクター商品として「さるぼぼ」を取り上げ、

「さるぼぼ」に動きのあるデザインを考案し

第一号商品として「さるぼぼプレートキーホルダー」を発売し

現在の数多いキャラクター商品が生まれました。

昭和62年12月に「有限会社愛和工芸」に法人化し、

和紙人形・さるぼぼを製造ラインにし飛騨地区の地域キャラクター商品を

多数企画製造し高山市内のお土産屋さんを中心に飛騨地区全域に卸をしています。

IMG_0654.JPG